1. HOME
  2. ブログ
  3. 怖い病気を引き起こす動脈硬化をポリフェノールで予防!

怖い病気を引き起こす動脈硬化をポリフェノールで予防!

【動脈硬化の恐ろしさ】
人間の命は血液によって支えられています。その証拠に、思考力を司る脳が脳死状態に陥ったとしても、人体そのものの機能は生き続けていますが、血液を送る心臓が止まるとすぐに死んでしまいます。この最も重要な血液を運搬するために欠かせないのが血管です。血管の状態が落ちると、それだけ体の機能に障害が出てきて、血管が健康的だと全身も元気でいられるのです。

血管の状態が悪くなっている一つの判断材料は、動脈硬化を起こしているかどうかという点です。つまり、血管が硬くなってしまってしなやかさが失われているという状態です。血管は本来非常に柔らかいゴムチューブのように、体の動きや血圧の高さによって、曲がったり太さを変えたりします。しかし、動脈硬化に陥っていると、この対応ができず血管が広がったり狭まったりしなくなってしまいます。

この状態が続くと、血管が詰まったり高い血圧がかかった時に裂けてしまう危険性があります。これが心臓や脳で生じると命に直接関わる事態に陥ってしまい、非常に恐ろしい結果をもたらすのです。

【カカオポリフェノールで動脈硬化を予防】
こうした血管の劣化は細胞が劣化もしくは老化することによって起こります。細胞内に活性酸素と呼ばれる物質が増え、蓄積されることによって劣化が進んでいきます。その点、「チョコレート効果」に多量に含まれているカカオポリフェノールは、抗酸化作用を示します。抗酸化作用とは、細胞内の活性酸素を取り除くという働きのことです。細胞の本来の機能を取り戻して、組織を若返らせる力があるのです。これは血管の細胞にも働きかけることになり、本来持っているしなやかさを回復させてくれます。これによって、血流の状態によって拡張したり収縮したりする動きがすぐになされ、健康的な血液の流れを確保できるのです。大病のリスクを下げると同時に、より健康的な体を維持するのに役立ちますので、ぜひとも気にかけたいところです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事