1. HOME
  2. ブログ
  3. チョコレート効果に含まれるカカオポリフェノールには血圧低下の効果がある!?

チョコレート効果に含まれるカカオポリフェノールには血圧低下の効果がある!?

【いろいろな病気の原因となる高血圧には要注意】
生活習慣病の一つとして気を付けないといけないのが高血圧です。血圧が高くなると、脳血管障害や心疾患のリスクが高まります。こうした病気は、ダイレクトに生命に関わるものですので、もし高血圧の気配があるようであれば、すぐに改善しないといけません。また、こうした重大な症状に至らないとしても、めまいやふらつきなどが出ることがありますし、血管が弱くなってしまい徐々にいろいろな病気を誘発しやすくなるというリスクを負うことにもなります。

こうした状態を避けるために役立つ一つの成分がカカオポリフェノールです。この成分には、血管に働きかけて血管壁を柔らかくするという作用があります。血管壁が柔らかくなると、血流の力にしなやかに反応して血管そのものが広がります。すると、よりスムーズにたくさんの血液が流れるようになりますので、血圧が下がるのです。

元々高血圧は多くの場合、血管が収縮して狭くなってしまうことによって生じます。同じ水量の水でも、より細いパイプを流れる時の方が水圧が強くなるのと一緒です。そのため、血圧低下には血管を広げるという作用が多いに役立つのです。そのためにカカオポリフェノールは目立った効果を示しますので、頼もしい味方となってくれます。

【血管そのものの状態を回復してくれる】
カカオポリフェノールは、血管を広げてくれるという大事な作用がありますが、同時に血管そのものの状態を改善してくれるという働きもします。血管は活性酸素によって次第に劣化してきて、柔軟性がなくなってきます。すると、うまく収縮、拡張ができなくなります。しかし、カカオポリフェノールは細胞の劣化をもたらす活性酸素を除去するという抗酸化作用を示す物質です。こうして、血管を若返らせよりスムーズに血液が流れるようにしてくれるのです。その分、血圧も下がって高血圧による病気のリスクを軽減できるという効果を期待できます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事