1. HOME
  2. ブログ
  3. てんさい糖にはビフィズス菌を育てるオリゴ糖がたっぷり

てんさい糖にはビフィズス菌を育てるオリゴ糖がたっぷり

【てんさい糖にはオリゴ糖がたっぷりと含まれている】
砂糖と一口に言っても、いろいろな種類があって、甘みを与える成分にも違いがあります。他の種類の砂糖と比べて、てんさい糖にはオリゴ糖がたっぷりと含まれているという特徴があります。サトウダイコンから糖蜜を作り、乾燥させることによっててんさい糖はできているのですが、サトウダイコンという原料、そしてじっくりと作り上げる製造方法が、より多くオリゴ糖が含まれている理由となっています。

この糖分の特徴の一つは、さっぱりとした甘みでしつこさがないというものです。口に入れるとすっきりとさわやかな甘みが広がって、しつこさがありません。日本人好みの甘みとも言えるでしょう。この糖分が多く含まれているため、てんさい糖はさっぱりとしていて、優しい味わいとなっています。砂糖にありがちなベタっとした感じがなく、軽い感じで食べられるのがメリットです。

【腸内環境を改善してくれる調味料】
オリゴ糖は、さっぱりとした味わいを出してくれるというだけがメリットではありません。この糖質は、腸内にいるビフィズス菌などの腸内細菌の栄養源となるのです。ビフィズス菌などの有用菌が腸の中で増えると、便秘の解消や消化促進などいろいろな健康効果を生み出します。また、腸は人間の免疫力を作り支えるところですので、ここの環境を整えることは、病気になりにくい体を作ることにつながります。日ごろ頻繁に使う調味料であるからこそ、砂糖は健康に良いものを選びたいものです。その点、てんさい糖は腸という大事な体の器官を健康的にしてくれるのに役立ちますので、選ぶ価値が十分にあります。

オリゴ糖は他の食材からも採ることができますが、てんさい糖には5パーセント以上含まれていて、効率よく摂取できるのが特徴です。また、原料となるサトウダイコンから来ている天然のものですので、より安心して摂れるというのもうれしいところでしょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事